〒063-9812 札幌市西区琴似2条4丁目1番24号 ヤマチビル2階
株式会社ヤマチオフィス

起業メンター日記

欽ちゃんと王さん

日経新聞に毎日「私の履歴書」が掲載されています。
昨年の12月は欽ちゃん(萩本欽一さん)で今月は王貞治さんが書いています。
欽ちゃんは素晴らしいコメディアンであり、王さんは偉大な野球選手です。
私が大好きな人達です。
「私の履歴書」を読んで2人の人なりが分かります。
2人の「私の履歴書」は切り抜いてファイリングしています。
欽ちゃんの話は毎回ホロリとされました。
欽ちゃん生き方には「2歩下がって」という考えが一貫してあります。
その一文を紹介します。
「僕は『ダメな子』だった。
『できる子』と同じ土俵で競争しても勝ち目はない。
だから僕の信条は『2歩下がって』
下がった場所で自分なりに人のやらない努力をして、必死でがんばる。
やがて先を走っている「できる奴』に追いつき、追い越すことだってできる」
王さんの「私の履歴書」はまだ4日分ですが、感じ入る話が書かれています。
私は以前から王さんは野球界の紳士だと思っていました。
その理由が書かれています。
大リーグの通算本塁打記録を超した756号が出た時です。
「打った瞬間万歳はしたが、すぐに相手の鈴木康二郎投手のことが気になった。
そして淡々とベースを回った。」
そこには「万事控えめ」というお父さんの教えがあったそうです。
後日、王さんがワシントンのホワイトハウスに表敬訪問した時、パウエル国務長官が、この時のビデオを見て「スイングも見事だが、はしゃがず、おごらずベースを回る姿に気品がある」と言ったそうです。
やはり王さんの紳士たる姿は、見ている人は見ているのですね。
これから王さんの話が楽しみです。

-起業メンター日記
-

© 2021 札幌オフィスプレイス Powered by STINGER