〒063-9812 札幌市西区琴似2条4丁目1番24号 ヤマチビル2階
株式会社ヤマチオフィス

起業メンター日記

一畑グループ

昨日は出雲大社へ行ったと書きましたが、その出雲に行って驚いた事が1つありました。
出雲市・松江市を中心に事業展開する「一畑」という名前の企業グループがあります。
私達が宿泊したホテルもそうですし、市内や空港間のバス、電車、タクシー、百貨店、レストラン、お土産店、不動産、建築などあらゆる分野で事業を展開しています。
高円宮家の典子様と出雲大社の千家国麿さんの結婚披露宴も一畑グループのホテルで開かれました。
出雲空港に着いた時に、カウンターで買った「縁結びパーフェクトチケット」は3日間バスや電車乗り放題で、お土産店や施設入場料金も安くなります。
このチケットは出雲市ばかりでなく松江市でも使えます。
小泉八雲記念館や松江歴史館でも使えました。
僅か3日の観光で分かったつもりにはなりませんが、見て回った中で思った事です。
市内には大手企業の進出は余り多くはないようです。
ローソンは1店舗見ましたが、その他のコンビニは見ていません。
調べてみるとコンビニの数は島根県全体で175店舗しかありません。
日本全体の中では少ない方から3番目。
スーパーもイオンが5店舗、イトーヨーカドーはありません。
島根の県庁所在地である松江の人口は20万人を切っています。
島根県全体でも71万人。
そのような人口の少ない環境で、「一畑グループ」は各分野で業界を仕切っています。
またそのように人口が少ない地域では大手企業が入り込んでも共倒れになってしまいます。
一畑グループの地域独占になっています。
1つの「参入障壁」になっています。
そして新規参入が出来ません。
それが島根経済活性化の妨げになっているのかもしれません。
これを崩すのは大変な事です。
このような事例は島根県ばかりでなく日本中にあるのかもしれません。
地方活性化と言われてますが、そう簡単な事ではない。
色々考えさせられました。

-起業メンター日記
-

© 2022 札幌オフィスプレイス Powered by STINGER