〒063-9812 札幌市西区琴似2条4丁目1番24号 ヤマチビル2階
株式会社ヤマチオフィス

起業メンター日記

炒飯屋

皆さんは急に「炒飯食べたい!」と思ったことはありませんか?
元々私は炒飯が好きでしたが、先週の金曜日になぜか急に「旨い炒飯食べたい!」思う気持ちが高まりました。
早速、ネットで近くにある旨い炒飯の店を探しました
ありました!
自宅から歩いて30分ほどのところに「炒飯屋」という店を見付けました。
土曜日に運動もかねて徒歩で、勇んで出かけ、11時30分開店の5分前に到着。
店の前には既に車で来た人達の車が停まっていました。
私はすぐに玄関の前に立ち、開店と同時に入店。
早速、一番人気という焼豚炒飯を注文しました。
お腹がすいていたので大盛で。
注文から10分かからず炒飯が出てきました。
その炒飯を見て少し驚き。
「多い!」「食べれるか?」
食べ始めると、ご飯は少し固めでパラパラ。
本来の炒飯の食感。
味も深く、塩も少なめ。
スプーンで掻き込むように食べました。
しかし案の定、半分くらい食べたところでお腹がいっぱいになって来ました。
「食べ切れるか?!」
そんな不安が・・・
でも「大盛りを頼みながら、残すのは恥ずかしい」
そんな思いから、お腹に「まだ入れるぞ」と言い聞かせながら食べ続けました。
炒飯と一緒に出された大椀に入った豚汁。
旨いのですが、飲み干す余裕がありません。
店員さんに聞くと、並盛りで米1合。
大盛りだと1合半。茶碗3膳分あります。
注文する時に聞いておけば良かった!
これからは、いくら好きなモノでも大盛りはもう止めよう!
そう思いました。
それにしてもこの店、炒飯しかありません。
焼豚炒飯の他には、高菜炒飯、海鮮炒飯、かに炒飯、ガーリック炒飯があります。
また炒飯が食べたくなったらこの店に来ようと思います。
ラーメンが食べたくなったらラーメン屋。
スープカレーが食べたくなったらカレー屋。
そして炒飯が食べたくなったら炒飯屋と思うのですが、炒飯専門店という店はあまりないのではないでしょうか
これから炒飯専門店。
流行るかもしれませんね。
それにしてもこの店、11時30分開店なのですが10分ほどで、席テーブル、カウンター席が一杯になりました。
人気があります。

-起業メンター日記
-

© 2022 札幌オフィスプレイス Powered by STINGER