〒063-9812 札幌市西区琴似2条4丁目1番24号 ヤマチビル2階
株式会社ヤマチオフィス

起業メンター日記

私は若い頃から「いい鞄」が欲しいと思っていました。

私が鞄を意識したのは、映画007ジェームスボンドが持っていたアタッシュケースでした。

何か洗練された、スマートなビジネスマンが持つ鞄というイメージを抱きました。

007の映画が上映が始まると、アタッシュケースの大ブームが起き、皆が様々なアタッシュケースを持っていたように記憶しています。

その頃銀行員だった私も早速買いました。

物持ちのいい私はいまだにその鞄は持っています。ただ、今は道具入れとして。

私にとて「いい鞄」とはなかなか明確に定義できません。

価格は高くても、使い易く、所有している満足感があり、長く使え、長く使うほどにより愛着を増す鞄。

自分にとって究極な鞄というものにはなかなか出合えません。

高いからいいかというと、そうではありません。

鞄は男性も女性もこだわる人が多いと思います。

私の妻も気に入ったバックとか鞄は買います。

ブランドモノとか高いモノではないのですが、気に入ると買ってしまいます。

男性の場合、鞄はビジネスで使うことが多いのではないでしょうか。

鞄を見ると結構その人の性格が見えるようです。

使い古し、ヨレヨレで、手の跡がくっきり見える鞄を持っている人は、こだわりの強い人なのか?

そのような人は結構ピシッとスーツを着ているのですが、その鞄とのアンバランスが違和感を感じます。

ルイビトンなどのブランドのアタッシュケースなどを持っている人もいます。

でもビジネス用としてはどうかと思います。

お客様が引いてしまうのではないでしょうか。

鞄は長く使うと、古くなって良くなるのと、単に汚くなるのとがハッキリしているモノです。

私は革の鞄が好きです。

手垢が付かないようにマメに拭くとか、表面が擦れてきたらオイルを塗るとか手を掛けます。

今の鞄は結構気に入っています。

これからも長く使っていけそうですが、時折浮気心が出ます。

いい鞄があれば買いたいと思いながら、街を歩くことが多いです。

鞄はやはり相性ですね。

-起業メンター日記

© 2021 札幌オフィスプレイス Powered by STINGER