〒063-9812 札幌市西区琴似2条4丁目1番24号 ヤマチビル2階
株式会社ヤマチオフィス

起業メンター日記

1坪の面積

ある本を読んでいたら、土地の面積の単位の成り立ちについて書いてありました。

日本では面積を表す単位として「坪」が今でも使われています。

1坪は約3.3平方メートルです。

300坪で1反(たん)です。

昔は360坪で1反だったそうです。

田んぼ1坪で1人が食べる1日分のお米が収穫出来たそうです。

ですから1反は約1年分のお米を作ることが出来ることになるのです。

昔の人は、人が1日に食べるお米の量で土地の面積の単位を考え、それを「坪」を定めたのです。

ただ人によってお米を食べる量が大いに違います。

戦国時代は1人1日7合食べたと言われ、庶民は5合だとのこと。

若干あやふやなところはありますが。

ところで、1合で2杯になりますから5合でも10杯。

おかずが少なかったので、お米だけで頑張っていたのですね。

現代は1人1.5合しか食べません。少なすぎます。

尚、1反が360坪から300坪になったのは、豊臣秀吉が行った太閤検地の時に、年貢米を多くするために変更されたようです。

大増税です。

改めて日本は「米」が生活の基本だったのだと認識させられました。

-起業メンター日記

© 2021 札幌オフィスプレイス Powered by STINGER