〒063-9812 札幌市西区琴似2条4丁目1番24号 ヤマチビル2階
株式会社ヤマチオフィス

起業メンター日記

税金への関心

今、消費税を上げるかどうかで政府が専門家から話を聞く「集中点検会合」が行われています。

上げるにしても、上げないにしてもどちらもリスクがあります。

この消費税を別の面から見てみます。

日本の消費税は内税式になっていますが、外税の場合日本人には抵抗が大きいように思います。

それはモノの価格以外に余分にお金を払うことへの抵抗です。

ところが、チップを払うのが習慣の国にとっては、そのモノの価格以外に約1割程度のチップを支払います。

価格以外のお金を払うという点において、消費税を払う抵抗が少ないのかと私は勝手に思っています。

もう1つ。

スエーデンなどの北欧諸国は25%の消費税になっています。

大変高い消費税を払っているせいでしょうか、その税金の使い方に対する国民の関心は高いようです。

10年ほど前にスエーデンとフィンランドの福祉関連の施設を訪れた時に確認したことです。

税金の使い方への関心が高いのです。

国や自治体から支払われる補助金等が適正に使われているか、施設運営が正当に運営されているかを約10カ所の機関が徹底的にチェックします。

25%という重税感が、税金の使い道に対する関心を高くしているのかもしれません。

日本人は口では「税金の無駄使いを無くせ」と言いますが、それほど効果が出ていません。

このようなことを言うと叱られるのかも知れませんが、日本人の税金に対する重税感は比較的低いようです。

だから税金の使い方に対する関心度が低いのです。

今後消費税が高くなるとそれとともに、その使い方への国民の厳しい監視機運が高めて行かなければなりません。

私達の税金への関心を高めるよう意識を変えることが大切です。

-起業メンター日記
-

© 2021 札幌オフィスプレイス Powered by STINGER