〒063-9812 札幌市西区琴似2条4丁目1番24号 ヤマチビル2階
株式会社ヤマチオフィス

起業メンター日記

作り出す仕事

4月も後半になりました。
新しく社会人になった人にとっては少し緊張も解け、仕事にも慣れてきた頃かもしれません。
それと同時にこれから5月病に罹る人も出てくる時期です。
「仕事が自分に合わない」とか「会社の雰囲気に馴染めない」と悩みます。
与えられた仕事が面白く無いということもあります。
昨夜に見たテレビの番組にホリエモンこと堀江貴文さん出ていました。
ご自分の失敗談を話す「しくじり先生 俺みたいになるな!!」という番組名です。
ご覧になった方もいたかと思います。
堀江さんの話は大変興味深かったです。
その中で特に記憶に残った言葉がありました。
「与えられた仕事を、作り出す仕事に変える。」
新入社員ばかりでなく、会社員として働く時、多くは与えられた仕事であり、時としてつまら無いと思えることがあります。
しかし、それも自分の工夫で自分が作り出す仕事に変えていけば、興味も湧くというのです。
私が新入社員として銀行に入った時、最初に与えられたのは帳票綴りの仕事でした。
銀行は3月の決算が終わると、前年度の帳票を整理をします。
それが新入社員の仕事です。
1年分の膨大な量の帳票を綴る単純な仕事です。
つまら無いと言えばつまら無い。
しかし、その仕事をしている内に、面白味を見つけました。
綴っている内に、新入社員の仲間同士でいかに綺麗にそして早く処理できるかを競争していました。
そして自分の頭で考え工夫している内に、その仕事が面白くなりました。
どの世界でも、仕事は雑用と言われることから始まります。
昔のホテルの新入社員の仕事はトイレ掃除から始まったそうです。
でもそれを通して何を得ることができるのか。
つまら無いと文句ばかり言っているのか。
その違いが成長度の違いになってきます。
堀江さんの言葉で新入社員の頃を思い出しました。

-起業メンター日記
-

© 2020 札幌オフィスプレイス Powered by STINGER